職場見学

職場見学

職場見学

◇午後2時30分から鈴木大拙館にて
◇参加者数 22名
引き続き、松田館長に鈴木大拙館を案内していただきました。
鈴木大拙館は、谷口吉生氏の設計によるもので、「床の間」をイメージして設計されました。
大拙の精神は今も生きているというコンセプトのもと、鈴木大拙「記念館」ではなく、鈴木大拙「館」としました。
館内は、大拙を知る「展示空間」、大拙の心や思想を学ぶ「学習空間」、それぞれ自らが考える「思索空間」の3つの空間で構成されています。
下のパノラマ写真は、切道会長エレクトが撮影されました。