うちのお宝 「古文書 鋳物師職継目之事」 金森 和治君(金森合金代表取締役)

うちのお宝 「古文書 鋳物師職継目之事」 金森 和治君(金森合金代表取締役)

私の先祖は正徳4年(1714年)、高岡の金屋町に移った禁裏鋳物師で、代々金森八郎右衛門を襲名してきました。
祖父も八郎右衛門の名を継いでいます。
父の先代から金沢に移りました。
父は襲名の気はないようです。
この古文書は、弘化2年(1845年)8月に能登守斎部宿祢から八郎右衛門が受けたものです。
当時は朝廷から許可をもらわなければ、仕事を大々的にできなかったと聞いています。
次代へ伝えなければならないと思っています。
※編集蛇足=一部パソコンで出ない字もあるので書き換えましたが「鋳物師職継目之事/以先従令許容之条/弥尊朝恩可守座法旧規/依如件」(鋳物師職の継承は先例に従って許容する。ますます朝恩を尊び、座の規則を守るように)と読むのでしょうか。